SHISEIDO

Japanese Beauty Institute

Thoughtful Innovations

The beauty of Japanese technology goes beyond research and scientific prowess. It lies in its human touch and warmth. Beyond practicality and function, it is driven by care, grace, sincerity. Even humor. In Japan, humanity and straight-from-the-future technology work hand in hand to bring beauty innovations that make life richer, more fulfilling — innovations you feel in your skin.

  • #ThoughtfulInnovations

新発想「七色粉白粉」

1917年に発売された「七色粉白粉」。
おしろいといえば白一色だった当時、
顔の色味にあわせておしろいの色を
使い分けるという斬な商品でした。
オシャレ感度の高い女性たちの間で、
広く愛用されました。

日本初の日焼け止め「ウビオリン」
1923年に発売された「ウビオリン」。
それまで、布でさえぎるしか日焼けを
回避する方法はありませんでしたが、
研究により紫外線を吸収・反射する成
分をクリームに配合。塗るだけで紫外
線を防いで肌を守り、化粧下地として
もお使いいただけました。

歌舞伎界でも愛用「練白粉」「粉白粉」

1973年に発売され、現在も舞台用化粧品
として流通している「練白粉」「粉白
粉」。歌舞伎界の名役者たちにも長年愛用
されています。日本の美しい伝統芸能を支
援すべく、現在も販売中です。

薬用美白美容液「HAKU」

長年のシミ研究によって誕生した、
「HAKU」。「m-トラネキサム酸」と
呼ばれる新成分を配合することで、他
を上回る美白効果の実現が可能に。日
本女性がのぞむ美白を叶える、ベスト
セラー商品になりました。

SPFを初適用「ANESSA」

商品名の由来は「熱砂(NESSA)」か
ら。地面の砂が熱くなるような条件下
でも、心地よく過ごせるという意味が
込められています。均一に塗れ、耐水
性も保てる。日焼け止めとして、大き
な進化を遂げた商品でした。