SHISEIDO

世界が憧れる日本の美を、まず日本人に気づかせたい。

対談:キモノブランド「JOTARO SAITO」デザイナー 斉藤 上太郎×資生堂トップヘアメイクアップアーティスト 鎌田 由美子(後編)

2019年10月4日、日本最大級のキモノイベント「きものサローネin日本橋」にて、TOKYO KIMONO COLLECTIONが開催されました。その閉幕直後の舞台裏で、最終ステージを飾った日本を代表するキモノデザイナー 斉藤 上太郎さん、ヘアメイクを手がけた資生堂トップヘアメイクアップアーティスト 鎌田 由美子による対談が実現。ショーを振り返りながら、日本の美(ジャパニーズビューティー)について語り合います。

前編はこちら。
対談:キモノブランド「JOTARO SAITO」デザイナー 斉藤 上太郎×資生堂トップヘアメイクアップアーティスト 鎌田 由美子(前編)

  • 鎌田:
    ご自身の「キモノ」にカタカナを使われるのには、やはりこだわりがあるのですか?

  • 斉藤:
    すごくこだわっているわけではないけど、今までとは違うものを提案したいという思いが表れているのかもしれません。前提として、もっと多くの人にキモノを着てほしいと思っていて、そんな気持ちを呼び起こす作品を目指しているのもありますね。

  • 鎌田:
    たしかにキモノは特別なもの、という意識が多くの人にある気がします。改めて、この時代にキモノを着る魅力はどこにあると思いますか?

  • 斉藤:
    世界を知れば知るほど、女性らしさやエレガントさは直接的に見せないですよね。デコルテや背中が大胆に開いているのとは違うセクシーさが、キモノにはあると思います。西洋のドレスも素敵だけど、日本のキモノの美しさも世界では決して引けを取りません。むしろ、この時代にキモノを着ることが、本当はブランドのコートを着るより一番クールなんだと、僕は思っています。

  • 鎌田:
    そうですね。モノがあふれている時代だからこそ、こだわりを出せる部分なのかなとも思います。多くの人が洋服を着るなかで、あえてキモノを着るところに、本人の意志がはっきり表れますよね。そういう意味で、キモノに勝るものはないと思います。また、覚悟もいりますよね。「明日はキモノを着るぞ」と決めて、準備をすることも含めて素敵なこと。そのなかで選ぶ1枚は、やはりその人を体現していると思います。

  • 斉藤:
    そうなんです。準備も必要ですし、決して楽ではないけど、それ以上の魅力がある。そこに気づいてもらいたいです。ちなみにGINZA SIXにある僕の店には、カフェを併設しています。キモノが好きな人って、着る理由がほしいんです。だから、僕の店でパフェを食べに行こうかな、というのが着るきっかけになったらいいなと思って。

  • 鎌田:
    上太郎さんはアーティスティックな作品を手がけながらも、業界全体を俯瞰して、どこか「着てなんぼでしょ」という冷静なところもありますね。そこが素敵だと思います。

「日本の美」は特別ではなく、もっと楽しむもの。

  • 鎌田:
    現在もさまざまな挑戦をされているかと思いますが、今後の展望を聞かせてください。

  • 斉藤:
    店舗の内装デザインなども手がけているのですが、キモノでやってきたことをベースにさまざまなことにトライしたいです。また、日本にキモノを根付かせることは、これからも大きな目標ですね。海外にも何らかの展開はしたいですが、まず日本人が着てこそですよね。もっと楽しむもの、セクシーなものだと、日本人に気づかせたい。でも何でもいいから着ればいいのではなく、素敵なキモノ姿を街に増やしていかないと。そのためには、「ちょっとカッコイイ」くらいじゃダメ。「地球上のすべての中で一番クールなもの」を目指して作品をつくりたいと思っています。

  • 鎌田:
    日本の良さを、まず日本人が気づくことって大切ですよね。西洋の文化に憧れる日本人の気持ちもわかるのですが、比べるものではなく、それぞれの良さがあると思うんです。ヘアメイクの世界でも、日本にベースがあるからこその強みを感じるときがあります。たとえば日本には四季があり、季節によって光のやわらかさが変わりますよね。そうした機微を捉える感覚は、日本人ならではだと思います。キモノとのトータルなヘアメイクを通じて、そんな日本の美しさを日本人に知っていただき、国境を越えて伝えていけたらと思います。

  • 斉藤:
    お互いフィールドは違いますが、日本の美をベースに新しいことを目指す点では共通部分がありますね。いつも思うのですが、本当はみんな新しいものをつくりたいと思っているのではないでしょうか。でも、そのためには勇気が必要で、色々なしがらみのせいで簡単には変えられない。だから、僕は尖がれるだけ尖がろうと思っています。そこに追随してくれる人がいたら面白いと思うから。

  • 鎌田:
    どんどん行きましょう!出すぎる杭は打たれません(笑)。

  • 斉藤:
    出すぎて誰も寄ってこないのも困りますが(笑)。今日はお互いのお仕事についてお話できて楽しかったです。これからもよろしくお願いします。

  • 鎌田:
    こちらこそ、よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました。